読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azumaのプロフィール

 

f:id:azuma-excited:20160416221546p:plain

 

どうも、Azumaです。

今回は僕のプロフィール記事になります。

ブログのプロフィールを書くとしたら、3個くらい年代別のストーリーを書きたいなという思いがありました。

そして、コツコツとストーリーを書いてきてやっとその時がきました。

この記事は自己紹介ってことで、僕の生い立ちを知っていただけたらなーと思います。

続きを読む

外人受け抜群!英語のプレゼンが圧倒的にうまくなる1つのコツ

役立ち

 

f:id:azuma-excited:20160430104343p:plain


僕は中2で渡米したんだですけど、最初はとーにかく辛かったんです。

言いたいことも言えないし、相手の言ってることもよくわからない。
なんかバカにされてる感じがして、毎日肩を落として帰ってました。

そんな中、何よりも嫌だったのが、英語のプレゼンでした。

アメリカってイントラクティブな授業を心がけるので、プレゼンする機会ってめちゃくちゃ多いんですよ。

でも、僕の英語は中2レベルでとてもじゃないけど綺麗じゃないから、ネイティブの皆さんも僕が何言ってるかわからないんですよね。
プレゼンのたびに、クラスのみんなが退屈そうな姿を見て、いつしかプレゼンが嫌で嫌でしょうがなくなりました。

そんなプレゼン毎に落ち込んでる僕を見た先生が教えてくれた言葉がありました。
そして、それをこれを意識してから外国人相手にする英語のプレゼンがめちゃくちゃうまくなりました。
今日は、外人向けに英語でプレゼンするときに特に威力を発揮する1つのコツを紹介します。

続きを読む

新社会人へ告ぐ。「頑張ります!」なんて2度と言うな。仕事への意気込みが違いを生むぞ。

オピニオン 役立ち

f:id:azuma-excited:20160330223942p:plain

 卒業式も終わり、今週から社会人となる方々。

まずは、ご卒業おめでとうございます。
まだまだ学生でいたかった人もいれば、やっとビジネスの世界で戦うことにワクワクしている人もいるかと思います。

いずれにせよ、4月からどのようなスタートを切るかというのはとても重要で、これに関しては本当に色々な本が出版されていますよね。

細かいことはそういった本に任せて、今回は、僕が社会人になって今改めて本当に大事だなーと感じることを1つだけ書かせて頂きます。
正直、これさえちゃんと分かっていればぶっちぎりで活躍できると思います。
僕も入社当時からもっと意識できてたらなーと思うことなので、少しでも参考にしてみてください。

続きを読む

反抗期真っ盛りだった中2の時のテスト解答がヤバ過ぎて死ねる。

自分のこと やってみた

 

f:id:azuma-excited:20160324000658p:plain

 

掃除をしてたら、見つけてしまったんです。

ええ、中1の歴史の答案用紙を。

歴史嫌いだったけど、ここまで反抗したとは。

こ・こ・ま・で・と・は!!

 

続きを読む

大切な人のためならどんな障害も関係ない。亡くなったおばあちゃんが僕にしてくれたことを、僕は忘れない

体験談

f:id:azuma-excited:20160320223528j:plain

突然ですが、生後一ヶ月後の僕はすごいガリガリだったらしい。
が、産後、いわゆる育児ノイローゼで母乳があまり出ず、僕はうまく栄養を摂取できなかった。

そして、そんな僕を助けてくれたのはおばあちゃんの勇気ある行動だった。
今日はそんなおばあちゃんから「大切な人のためならどんな障害も関係ない」ってことを学んだ話をしたい。

続きを読む

電車では絶対に立つ!僕が電車で座るのを辞めた3つの理由。ストレスも減るし、体幹トレーニング出来て最高。

役立ち やってみた

f:id:azuma-excited:20160319104748p:plain

昔の僕は電車で座りたい狂でした。
座った方が楽だし、人も押し寄せて来ないし、スマホもいじりやすい。

満員電車でも車内に入れば、一目散に座るチャンスを狙ってました。

そんな僕が今では一切電車で座らなくなりました。
それは、座らないことによるメリットが絶大だったからです。

続きを読む

【たぷたぷ】可愛い愛猫のお腹のたるみが気になったから、原因を調べて、検証してみた

やってみた

 

f:id:azuma-excited:20160312130050p:plain 

我が家の愛猫です。

ロシアンブルーというエメラルドグリーンの目が特徴的な猫です。
9年前に我が家に来たんですが、その猛烈な可愛さに家族一同メロメロ状態。
いつものように僕はこの愛猫と遊んでいました。

続きを読む